FC2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

神無月雑感

  釧路での捕獲調査事業は継続されているが、所用があり一足先に房州に戻っている。神無月(10月)は、普段当地房州におわしますローカルの神々はふるさとの出雲にお出かけになり、不在の由。日本中から参集された神々は、会議やら懇親会やらを概ね終えて、今頃は「何々宣言」の起草、採択の根回しにご多忙のことと想われる。もうすぐ神無月は逝き、霜月が訪れる。当地でも刻々と秋が深まっていく風情である。

 想えば昨秋は釧路で、海底炭鉱の線路沿いの防潮堤の斜面にて右足首を骨折。釧路の病院にて2度の手術を終え、「松葉杖で歩行出来る状態」にまで回復し、10月末日に帰郷した。あれから早1年。この1年、なかなか大変な1年であった!そんな想いが去来する。でも、今年の漁はまだ終わっていないし、否、終わってしまっては困るのである。釧路での捕獲調査終了後には速やかに和田浦のツチクジラ漁を再開することになる。釧路での仕事の状況次第で漁の再開日は流動的だが、とにかくやらねばならぬし、ツチを獲って貰わねば困る。船員・解剖員にとっても、今年は移動の多い「大変な年」だ。すっかり苦労をさせてしまったし、引き続き負担をかけることになる。

 先週に続いて、今週も台風がこの房州の地を洗うらしい。尤も、先週のものと比べれば、今週は大したものではなさそうだ。先週の台風は黒潮の蛇行の影響もあってか、房州の漁港は悉く高潮に襲われた。ここ40年間和田の漁協に勤務しているKさん曰く、「こんな凄い高潮は初めてだ」と。相当な被害が出た模様である。一方で農業への被害も結構大きかった様だ。温室等の「設備」への被害もさることながら、海水が巻き上げられて多量の塩分を含んだ雨が農地に降り注いだことにより、多くの作物が枯れてしまったらしい。尤も台風が到来すれば、しょっぱい雨が降ることは当地では自明なこと。ただ、「しょっぱい雨が降っては困る時期、農作物の種類」があるのだろう。

 今週の朝晩の散歩の中で気付いたことがある。銀杏の葉が悉く茶褐色に変色していることだ。夏の台風が銀杏の葉を散らすことはない。やはり黄葉前の銀杏の葉は、「弱っている」のであろう。想えば、昨秋はほぼ毎朝毎夕松葉杖を突いて田園部を徘徊。北風の吹く快晴の日には、銀杏の巨木の下で、天上の青空を背景に、黄色の銀杏の葉がはらはらと落ち、風に吹かれて漂う風景を大いに愉しんだ。だが、今秋はそれを見られそうにない。もう少し内陸部に入れば、見られるだろうか?

 とまあ、久しぶりにつらつらと書いてみました。自分なりの覚悟をもって、11月のツチクジラ漁を実施したいと思います。操業開始日等の予定については、決まり次第、このブログにて連絡しましょう。よろしくお願いします。以上

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する