FC2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

明日6月14日の解体はありません。

  本日6月13日は天気は悪くはないのですが、船は操業していません。従い明日6月14日の解体はありません。沖では通過した台風の影響が未だ残り、波が高い様ですね。明日・明後日は操業できるものと踏んでいますが、予報に拠るとその後はまた気象が崩れそうです。

 漁期前そして初漁前後のドタバタを無事終え、僕の方も少し精神的な余裕が出てきました。4月の鮎川で愉しんでいた朝晩の徒歩通勤は、5月の八戸では中断していました。八戸の宿の立地から、歩くとしたら街中の自動車が頻繁に往来する道を歩くこととなり風情が今ひとつで、気が乗らなかった次第です。その朝晩の散歩をようやく昨日より開始、昨夕は田園の道を歩き、今朝は和田小学校の校庭経由、定置網の会社まで歩き、船頭と話をしてきました。和田小学校の校庭には海紅豆の真っ赤な花が咲き、その幾何の花も散り、樹下も濃い紅色に染まっていました。この小学校も来年には廃校かと思うと、寂しいものです。すっかり老朽化した校舎は僕が確か小5の頃に新築されたもの。新校舎にしばらくいる内に、子供ながらに「前の木造の校舎の方が良かったたなあ。」と感じたものでした。

 そういえば家内は、この校庭の隅の海紅豆の木を見ると長男のことを思い出す由です。我が長男は子供の頃から理屈っぽく、彼なりの「筋」から外れたことをされると、大いに怒る性格でした。小学校の担任の先生との間にどんな会話があったのか、知る由もありませんが、先生から教室を出て海紅豆の木の下で立っている様に命じられたらしい。その木の下で長男は号泣していたらしい。尤もそのことは当時ニューヨーク在住で、米国の小学校の休暇期間に和田の小学校でお世話になっていた姪っ子から家内が聞いた話です。親としては「さもありなん。」と思った次第です。

 昔たまたま少し熱が高かったとかで、学校での予防注射をパス。別途注射をして貰わないとならなかったが、本人は嫌がって断固拒否。家内が「今日も少し熱が高いから注射できないよ。とりあえず行きましょう。」と嘘をついて南三原の施設に連れったいったのですが、結局注射が出来てしまった。彼は注射終了後かんかんに怒り、大いに泣いた。その際の彼の母親に対する主張は、「注射をしていない元の状態に戻せ!」というものでした。

 そんな長男ですが、今では土木工学を学ぶ大学生。この3月から1年間学校を休学し、「道普請」というNPOの仕事でミャンマーに赴任していました。途上国の道路を大金をかけて大手の建設会社に整備して貰うのではなく、「土嚢を積む方法で、現地の住民自身が自らの手で、道路の補修をしたり、雨期に水没しない様に嵩上げする」といった活動をしている様です。いわば「ローコストで地元の人々が自律的に運営出来る様な適正技術を移転しよう」という思想がそのNPOのバックボーンにあるものと推察され、僕自身は好感を持っています。

 尤も我が長男は、現地での「水掛け祭」の際に厄介な細菌が体に入ったのが原因か、「腸チフス検査が陽性」「虫垂炎と疑われるので手術を要する」ということで、先月に一時帰国し、入院・加療中。感染症が疑われる状況にて病室は個室!本人は帰国後は至って元気でありまして、「来年度の外務省のODA予算の申請の仕事がある」とか偉そうなことを言いあがって、病室内で時に点滴を受けながら、パソコンを使って毎日働いている様です。子供はいつの間にか成長しているもの。そんな感を強くしますね。それでは。




 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する