FC2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

本日6月14日、船は操業中です。

 本日6月14日、久しぶりに船は操業しています。尤も波は予想した程には治まらず、当地では貧乏風と呼ばれる北東の風が吹いている模様です。明日から南方から沖縄の島々を経由して北上してくる低気圧の影響が出てくる見込み。案外厳しいですね。

 一方で僕は毎朝、田園から海岸線を通る大いなる迂回ルートを採って、定置の水揚げ場(和田漁港)まで歩く生活です。そんな中で詩というか、散文の様なものが思う浮かび、さっといい加減に書いてみました。それを以下に紹介しましょう。 それでは。



初夏の朝
時は初夏
朝は六時
溜池にはガマの穂が屹立し
田の畔にはホタルブクロの花が咲き
浜辺には宵待草の黄色い花の向こうに
黒装束のサーファーが波に乗っている
沖では定置網漁船が網揚げ作業中
2隻の船の間隔が徐々に縮んでいく

ある英国の詩人は
こういった朝の風景を描写した後
「神、そらに知ろしめす
 すべて世は事も無し」と結んだ。

たが 八百万の神々のおわします
我が国ではどうも感覚が違う様だ
小さな生物を含めたそれぞれの個は
その個なりに生きている
同じ人間でも ある時という断面において
その個なりに生きている
「全て世は事も無し」ということはないだろう
しかしそれらは多様にして雑駁ではありながら
不思議と調和している様に思う

神に拠るものなのかどうか知らぬが
言わば「たおやかな因果律」
その様なものに拠って

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する