fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

オホーツクの街より

 昨晩羽田より空路オホーツク沿岸の街に入りました。28日の房州沿岸を襲った高波の被害に気を揉んでいますが、とりあえず北へ。当地での爽やかな気候を期待していたのですが、驚くべきことに当地でも30℃超えの暑さ。太平洋岸の釧路の最高気温は24℃ということで、釧路の人々は彼らなりにこの暑さに閉口しているのでしょうが、当地と釧路の5℃を越える気温差に驚いています。やはりオホーツク海は日本海と同様に「閉鎖海域」ということなのでしょう。

 当地からは、半島つけ根の斜里岳・海別岳、そして知床半島の羅臼岳・硫黄岳・知床岳の連山が海の向こうに見渡せます。羅臼・硫黄は16米を超える高山であり、冬のこれらの山脈の縦走は激しい風雪に曝される大変厳しい登山となります。そして、知床岬の先には国後島が横たわり、そこにある爺爺岳(チャチャヌプリ)も1800米を超える高山。そこからも北東にカムチャッカ半島の先端まで高い山を抱いた千島列島が続いています。そして北海道の北には樺太(サハリン)がドンと居座り、その北は大陸、即ちロシアの沿海州と呼ばれる地域。要するにオホーツク海とは、北海道北東岸と千島列島とカムチャッカ半島西岸とロシアの沿海州と樺太に囲まれた「閉鎖海域」」と言えそうです。太平洋岸の釧路とは気象が異なるのはそのことに拠るのか、と実感した次第です。

 折角の機会、少々オホーツクのことを勉強してみようか、という気になってきました。当地では明日も暑そうですが、明後日には暑さも一段落する見込みです。それでは。


 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する