fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

明日10月17日の解体は午前4時半より1頭。

 本日10月16日、1頭獲れました。明日17日はこの鯨を午前4時半より解体します。明日から天気が崩れる予報であり、その前の1頭、嬉しいものです。安全第一!久しぶりのツチの解体、気を付けて働きたいと思います。それでは。

  たった今昨日15日に獲れた1頭を解体し、事務所に戻りました。解体開始前の感覚は「何だかそぐわないなあ。」というものでした。夏の酷暑から解放され、その点間違いなく労務環境はベターな筈だが、何故か気が重いのです。とにかく事故を起こすことは最悪なので、「もうすぐ今年の捕鯨の季節は終わります。くれぐれの怪我をしな様に気を付けましょう!」と話しました。

 解体作業が始まれば、ようやく従来の感覚が戻ってきて、不安感は払拭されてきます。同僚に「何だかそぐわないねえ?」と声をかけてみましたが、同僚もやはり僕と同様の不安感を感じていた様でした。夏だと、「よしゃ、頑張るぞ!」という感じで気合いが入るのだが、今回は何だか体も心も萎えた感覚で、変な不安があった、との由。その不安感も作業をしているうちに払拭され、夏の「命に危険を及ぼす酷暑」から解放されたこともあるか、仕事がどんどん進む。でも、やっぱり不思議な感覚ですね。

 房州では鯨は夏の食べ物です。そんな訳で肉を買い来る人々も見学者も少ないです。一方で昨年は夏の漁が1隻体制かつ不漁で、お客さんに売る肉も自社で加工する肉もなく、11月の漁期中は祈る様な気持ちで吉報を待っていた。結局昨秋は1頭しか獲れず、お客さんへの供給責任を果たせず、自社の加工原料も全く足らず、大変な想いをしました。それと比べれば今年はずっと気が楽です。捕鯨(漁業)とは食べ物を海洋から採ってくる仕事。そうでね、とにかく淡々と食べ物を生産していきましょう。

 明日は午前4時現場集合ということで、多分また不思議な気分を味わうことになりそうです。それでは。

 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する