fc2ブログ

外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

明日10月19日の解体はありません。

 本日10月18日も沖は風強く、船は操業していません。従い、明日19日の解体はありません。

 今後もしばらく風の強い日が続きそうです。秋の天気はなかなか安定しませんし、陸は快晴であっても沖には強い風が残ることが多いですね。捕鯨船の仕事は風と波に翻弄されるデリケートなもの。一般に夏は海況のいい働ける日が続き、冬は海況のいい日はほとんどなく、働けない。春は夏に向けて徐々に海況が安定してくるが、秋はその逆で冬に向けて海況が悪化していく。そういった従前の常識的な条件に、近年は南方海域の高水温が定着し、初夏から秋にかけて頻繁に発生する台風の動向がこの仕事に大きな影を落としている感覚です。

 昨日は午前4時からの解体作業でしたが、前に書いた「不思議な違和感」は残ったままでした。何故だが作業前は情緒不安定、働いているうちにそれが解消されてくる感覚です。解体作業で一番きついのは粗解剖、即ち鯨体(脊椎骨)から脂肪層や肉塊を剥がす作業ですが、それがとても効率よく進んでいる印象です。やはり酷暑の中の仕事は(昔からの習慣とは言え)とてもきつい仕事でして、秋はその酷暑から解放されるが故に、仕事が早く進むのでしょう。そんな、明らかにポジテイブ状況で発生する不安感。ゲーテの小説「若きヴイルテルの悩み」の最初の言葉は、「人間の心って何だろう?」。その言葉を思い出します。それでは。

 | HOME | 

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する