外房捕鯨株式会社

千葉県和田浦の捕鯨会社からのプレスリリースです。

羅臼沖の捕鯨船と観光船の遭遇事件の続報

表示事件の続報ということで、現況を報告しましょう。以下のヤフー(毎日)の記事に関し、前回の「今年のツチ鯨漁は無事終了しました。――」の末尾にてコメントさせていただきました。その続報です。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2000825-00000039-mai-soci


 最終的に、今回の事件は観光船側に非があることが現地の当事者間で確認され、今後捕鯨船と観光船が共存していく方向をめざし、来年の漁期前に捕鯨船・観光船が会合を持つ方向となった様です。この事件で捕鯨船側も観光船側も、そして捕殺の場面を見せられて気分が悪くなった乗客も、こころに傷を負ったものと思われますが、いい方向に行くのでは、否このネガテイブな事件を教訓に我々は正しい方向に前進しなければないないのだ。そう感じました。


 ホエールウオッチングの是非についてこの夏海外のプレスに聞かれましたが、私は「この沖に回遊してくる鯨です。それを観てもいいし、食べてもいいのではないか。沿岸の町で、観光客が水族館で魚を観て、夕食に地場の魚を楽しむ。それはよくあることでしょう。」といったことを言いました。うまくやっていけばいいのです。ただ、このツチ鯨という種は非常に音に敏感で、船が近づくとすぐに潜ってしまう。おまけにいったん潜ると40分、長い場合は1時間出てこない、という捕獲するには非常にやっかいな鯨です。観光船は流石に「捕鯨見物」をする意向はないと思いますが、やはり乗客に鯨を見せたい。結構難しい調整になると思われますが、そこを人間の英知で解決していかなければならない。かつて「ものを言わない日本人」という形で批判された時期がありましたが、これは「相手の立場・気持ちがわからないから、とりあえず相手の言うことを聞く。」という日本人の美徳と言える面もあると思う。相手の立場・気持ちを斟酌しながらしっかり主張する。かくありたいと思う。


 オホーツクのツチ鯨漁の現況は8月下旬から9月上旬の漁期で捕獲枠は4頭。関係者の努力で何とか調整は可能と思う。また「獲りにくいツチ鯨」でありますが、その性質が資源状態を健全に保ってきた面も否定出来ません。例えば遊泳速度時速3kmで、脂肪層が厚く(従い脂が大量に採れる)、死んでも沈まない背美(セミ)鯨は、資源管理の思考のなかった19世紀に、日本沖で操業した米国を中心とする捕鯨船にその資源の大半が捕獲されてしまった。それを知らず、沿岸で背美鯨を獲って生活していた和歌山県の太地浦の人々は不漁に喘ぎ、その結果大きな遭難事件(通称背美流れ)が起こり、多くの働く盛りの男達の人命が失われ、太地の伝統捕鯨は一度消滅する。それでも江戸期鎖国政策の下、沿岸のみにて捕鯨をしていた日本には、鯨という生物を徹底的に利用し尽くす技術・食文化が残りました。人間万事塞翁が馬。こうして歴史の中の因果の糸をたぐっていくことはなかなか楽しいことです。


 ただ、また来年の捕鯨会議のロビーにて日本の鯨愛護団体が冊子を配布する。その冊子には今回の事件で撮影された中で最も嘔吐感を誘う写真が日本の捕鯨者を非難するコメントを添えて掲載される。従来IWCの会議場で起こったことを考えれば、来年も多分そうなるのではと。もういい加減にして欲しいと思う。今回ヤフー(毎日)の記事を引用したブログを見られる機能があることを知り、早速30件以上のブログを探検してみました。(もちろんこのブログもそのリストに入っていました。)沢山のコメントを拝見しましたが、「観光船が捕鯨船に近づいたのが事実のようで、「観光船の目前で捕鯨」という見出しはおかしい」「乗客が気持ち悪くなったことの責任は捕鯨船ではなく、観光船が負うべきだ。」「「世界遺産の海域の近くの捕鯨ということで、波紋を呼びそうだ」と毎日の記者は結んでいるが、波紋を呼ばせようとしているのは記者自身ではないか?」というものが大半。多くの読者の冷静な視線を感じ、安心しました。


一方で「日本の漁に関しては海外でも取り上げられているようです。アメリカに住む友人から送られてきたメールには信じられない映像が。。。皆さんも一度見てください。考えてみてください。」という投稿に多分太地のそれでしょう、イルカの虐殺の画像を複数のブログに貼り付けている人がいる様です。(実は画像の中身は見ていません。ここに掲示する気も無い。)こんな、人の恥部を漁師達が嫌がるのにも拘わらず、覗き見て撮影し、最も見るに耐えない画像を複数のブログに手当たり次第(もちろん匿名で)貼り着ける。こういった行為に激しい嘔吐感を覚えます。が、僕もブログ投稿初体験を果たし、いい勉強にはなりました。それとあれですねえ、逆に言えばこういった人々は鯨愛護の国際的な集会に出席して、自分たちの活動を画像と共に紹介し、「日本にも私達ような人々もいる。こんな残酷な連中ばかりが日本人ではないのだ。」と言って、日本の国益を守っているのかもしれませんね。「事実は小説より奇なり」であります。それでは。長くなりました。また書きましょう。まずは仕事、仕事。

捕鯨のことから人間と海、食べ物のことを勉強しよう!

ある動物愛護団体のウェブサイトにて「日本の農水大臣に対し、和田で行われている小学生の鯨解体見学という残酷な行為を止めるように、陳情しよう!」というキャンペーンが行われていることは、先日このブログにて紹介させていただきました。私としては、ちゃんちゃらおかしい主張として捨て置く考えていますが、一方でこれを機に今私がどんな目的でこのような行事(いわゆる初漁祭)を地域の官民学の皆さんと共に行っているのかを紹介したいと思います。
当初は私達の出来ることとして、房州の夏の風物詩とも言える鯨の解体を小学校の子供達に見学させ、かつ鯨食文化研究会として鯨肉の朝食を子供達にふるまおう、といった極めて自然なシンプルな考え方で開始しました。小学校サイドとしても、地域の特色のある産業を総合学習の題材として取り上げることは意義深いという立場でありました。この行事は毎年途切れることなく継続され、和田町内の3つの小学校の5年生の総合学習のテーマとなり、子供達は一年間じっくり鯨・捕鯨のことを地域に多くの皆さんのサポートを受けながら学習しています。
今年からは捕鯨乃至は鯨という題材の周辺に広がる、生物学・地理学・歴史学・民俗学・水産経済学といった広範な知的空間に子供達を誘おう、という野心的な意図をもって私自身が学校に出向き、子供達に授業をする機会をいただきました。体験、例えば巨大な鯨体を実際に自分の手で触れてみる体験は貴重であり、大切なものです。考える葦(あし)である人間はその体験の思索から始め、次第に広大な知的空間を彷徨う喜びを覚える。子供達の個性、興味関心は多様ですが、黒潮が美しい海岸線を洗うこの沿岸の町にて生を受けた子供達。昔から築かれてきた「人間と海の関係」を自分の六感でもって学んで欲しい。そんな希望を持っております。
 漁期前の6月11日に私は3つの小学校にて授業を行いましたが(少人数方式が有効なので、敢えて私が同日に3校を巡回)、参考までその際に使用した「捕鯨のことから人間と海、食べ物のことを勉強しよう!」と題したレジメを以下紹介しますので、ご興味のある方はご一読下さい。先日は谷川先生の引率される中央学院大学さんの中に、何とこの「初漁祭」の卒業生がおられました。この初漁祭もこの地域のささやかな歴史になりつつある。そんなことを感じました。私自身も良質な知見の供給者たるべく、この4月よりある大学の修士課程に学生として席を置くことになりました。

続きを読む »

日本の農水大臣に、子供の鯨解体見学を止めさせるよう、請願しよう!

 昨日面白いウェブサイトを発見しましたので、紹介しましょう。 http://www.care2.com/c2c/groups/disc.html?gpp=7516&pst=684194  どこかの鯨愛護団体の「日本の農水大臣に、和田の小学生の鯨解体見学を止めさせるよう、請願しよう!」がネット上でキャンペーンを始めた様です。そうですね、はい、今年はもう組織的な子供達の解体見学は予定していません。ご心配なく。でも、見学に来る子供達を排除する気は毛頭ありませんし、多勢の見学を依頼されればお受けすることになると思います。尤も鯨を食べさせるところまでは、手が回らないが、、。  人の世の多様性を実感しますね。でもその多様性を受容出来ない人々がいる。それも一種の多様性でしょうか?でも「残酷な解体を子供達に見せるな!」と言う彼らは一方でイルカの命を断つ場面、海が血液で真っ赤に染まる場面、要するに出来る限り残酷な場面を漁師達が止めるのも聞かずに撮影。その出来る限り残酷に見える画像を新聞広告やネット上に掲載し、寄付金を募っているのが現実。やはりきな臭いビジネスの臭気を感じます。  折角なので、APとロイターの記事を添付しましょう。(ようやくやり方が判明!私は機械音痴でありまして)APの記事は私は結構気に入っているのですが、商社筋の友人に言わせると「やはりネガテイブだね。日本の食文化に好意的ではない。」解体見学の引率をしたある小学校の先生は「こんなに一所懸命やって、素晴らしい成果が上がっているのに褒め言葉のひとつもない。」という感想を述べていました。そうですね、やはり反捕鯨は強い感情なので、欧米のプレスはそれを強く刺激するような書き方はしないのでしょう。一方ロイターの画像は客観性を装いながらも、大量の血が鯨体から流れ出す場面を敢えて使ったりして、好意的とは言えない意図が見え隠れしているように感じました。結構長くなりました。また書きましょう。 ttp://www.boston.com/news/world/europe/articles/2007/06/21/japan_kicks_off_coastal_whaling_season/


http://www.reuters.com/news/video/videoStory?videoId=57693

«  | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gaibou

Author:gaibou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する